ホーム > 人権・男女共同参画 > 児童虐待とは

児童虐待とは

しつけと虐待はまったく違うものです。暴力やお仕置きで子どもをしたがわせることはしつけとはいえません。たとえ親がしつけと思っていても、子どもにとって有害な行為や発言は虐待になります。

次の4つに分類されます。

身体的虐待

  • 打撲傷、あざ、やけどなどの外傷の残る、またはその恐れのある行為。
  • 首を締める、おぼれさせるなど生命の危険のある行為。
  • 意図的に子どもを病気にさせる。
  • 泣きやまないことに腹を立てて、激しく揺さぶる。

ネグレクト

  • 食事を与えない。
  • 身体や環境をひどく不潔なままにする。
  • 病気になっても受診させない。
  • 家や車に残したまま外出する。
  • 子どもの意思に反して学校に登校させない。

心理的虐待

  • 言葉によるおどかしや脅迫
  • 子どもを無視する、拒否的な態度をとる。
  • ほかのきょうだいと著しく差別する。
  • [おまえなんかいない方がいい]といった傷つくような言葉を繰り返す。
  • つねにどなったり罵ったりして、自尊心を傷つける。

性的虐待

  • 子どもへの性交、性的行為の強制。
  • 性器を触ったり触られたりする。
  • 性器や性交を見せる。
  • ポルノ被写体にする。

などです。

虐待かもと・・・思ったら通告する!が国民の義務です。

子育てに悩んだときは、ひとりで苦しまないで、電話相談で自分の気持ちを話してみましょう。

児童相談所全国共通ダイヤル・・・0570-064-000

または、宗像児童相談所・・・0940-37-3255

鞍手町役場福祉人権課児童人権係・・・0949-42-2111(内線241)

全国子育て・虐待防止ホットライン・・・0570-011-077

(子ども虐待防止に取り組む民間団体等の電話相談窓口につながります。)

お問い合わせ

所属課局:福祉人権課児童人権係人権推進担当

電話番号:0949-42-2111