ホーム > 福祉・介護 > 高齢者福祉サービス

高齢者福祉サービス

在宅介護支援センター

在宅介護に関する総合的な相談に応じ、各種の保健福祉サービスが総合的に受けられるよう、関係機関との連絡調整を行います。

現在は、やすらぎ園在宅介護支援センターに委託して実施しています。

生きがい活動支援通所事業

デイサービスセンターに通所させ、生きがい活動サービスを提供します。

利用対象者

介護保険の対象とならないおおむね60歳以上のひとり暮し等の高齢者等で、家に閉じこもりがちな人

本人負担額

1日当り650円(昼食代等)

生活管理指導員派遣事業

生活支援ホームヘルプサービス

生活管理指導員(ホームヘルパー)が高齢者宅を訪問して、生活指導や家事援助・指導を行います。

利用対象者

介護保険の要介護認定で非該当(自立)と認定された高齢者

本人負担額

1時間当り200円

生活管理指導短期宿泊事業

社会的適応が困難な高齢者に対して、介護福祉施設等で短期間宿泊により日常生活の支援指導を行います。

生活管理指導短期宿泊事業

利用対象者

介護保険の要介護認定を受けていない、おおむね65歳以上の高齢者

本人負担額

1日 1,700円

緊急通報システム貸与サービス

在宅のひとり暮しの高齢者等に対して、緊急通報装置を貸与し病気やけが等の緊急時に迅速な対応が行われるようにします。

緊急通報システム貸与サービス

対象者

特に貸与が必要と認められる65歳以上のひとり暮しの高齢者等

費用

生計中心者の所得税額などに応じて負担

介護用品等の支給事業

ねたきりや、認知症の高齢者を在宅で介護する家族に介護用品等を支給します。

介護用品等の支給事業

支給対象者

介護保険要介護認定が4または5の高齢者を在宅で介護している町民税非課税世帯の家族

支給

月6,000円分まで

家族介護者交流事業

高齢者を在宅で介護している家族介護者に対して介護から一時的に開放し、介護者相互の交流や心身の元気回復を図ります。

介護保険要介護認定が3以上の高齢者を在宅で介護している家族を対象としています。

家族介護教室

高齢者を介護している家族等に対して介護の方法や介護者の健康づくり等について研修会等を開催します。

開催日等は広報紙等でお知らせいたします。

高齢者住みよか事業

在宅の高齢者または高齢者と同居する世帯に対し、高齢者に配慮した住宅に改造するために必要な費用を助成します。

介護保険の対象とならない障がい者(身体障害者手帳1・2級に該当等)については、障害者住みよか事業が実施されます。(相談窓口役場福祉課)

高齢者住みよか事業

対象者

介護保険で要介護(要支援)の認定を受けている在宅の高齢者

要件

  1. 世帯全員が町民税・所得税が非課税
  2. 介護保険の住宅改修対象工事で介護保険限度額(20万円)に達していること。

対象工事

玄関・廊下・居室・浴室・便所等在宅の高齢者が日常利用する部分で高齢者の自立を促し、介護者の負担が軽減される改造

助成金額

30万円まで

養護老人ホーム

65歳以上で、経済的理由や家庭の事情、身体的・精神的理由により自宅で生活できない方を対象とした施設です。収入の多い方や介護の必要な方は入所できません。

町内にこの施設はありませんが、町を通じ近隣市・町の施設に入所できます。

 

お問い合わせ

所属課局:福祉人権課高齢者支援係

電話番号:0949-42-2111

内線:243・246